渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラシックカーフェスティバルin桐生
2010年11月20日 (土) | 編集 |
 朔風社から出ていた「ザ・コンプリート・タングラー」というイギリスの漫画本に、ドライフライマンとは超高級車ベントレーで川の下見に行く人だというのがありましたが、そのベントレー、しかもあの白洲次郎が乗っていたホンモノやそんな車を、ベントレーを持っていないフライフィッシャーSさんとTさんが見に行きました。
01工学部出発風景_20101107_PB070061
 11月7日の第5回クラシックカーフェスティバルin桐生では、300台あまりが群馬大学工学部構内に展示されたほか、65台が工学部を出発して大間々、赤城のからっ風街道を回ってくるというラリーもあって「愛のスカイライン」世代で車大好きのお二人は満足のようでした。写真はラリーの出発風景、本町通から梅田のダム上に向かう通りに面した守衛所の前です。

 GHQを相手に「従順ならざる唯一の日本人」といわせたといわれる白洲次郎がヨーロッパ遊学中に乗り回したベントレーが、その時のまま、しかも走れる状態で保存されているのは奇跡を見るようです。
02白洲次郎ベントレー_20101107_CA3E0012

 白洲が仕えたワンマン宰相吉田茂のロールス・ロイス、ピカピカで、これもちゃんと走ります。
03吉田茂RR_20101107_CA3E0006

 タッカー'48は、実業家のプレストン・タッカーが自らの理想を追求して作り上げたが、51台製造されただけで消えていった不運の名車。その物語はフランシス・コッポラ監督によって"TUCKER The Man and His Dream"という映画になっているそうです。
04 タッカー_20101107_CA3E0004

 この3台が今回の目玉ですが、管理人には名前がわからず(ご両人ごめんなさい)、これから写真だけご紹介する車にも、助手席に竹竿を放り込んで釣りに行ったら楽しそうな車がたくさんありました。ではごゆっくりご覧下さい。
PB070001_convert_20101120152917.jpg
PB070005_convert_20101120153048.jpg
PB070008_convert_20101120153200.jpg
PB070009_convert_20101120153238.jpg
PB070010_convert_20101120153318.jpg
PB070011_convert_20101120153401.jpg
PB070016_convert_20101120153453.jpg
PB070017_convert_20101120153545.jpg
PB070020_convert_20101120153634.jpg
PB070024_convert_20101120153731.jpg
PB070025_convert_20101120153818.jpg
PB070030_convert_20101120153914.jpg
PB070031_convert_20101120153958.jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。