渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島崎憲司郎さんの実践キャスティング教室開催。
2010年10月18日 (月) | 編集 |
 10月17日(日)14時から「大人のためのフライフィッシング教室/PART2:島崎憲司郎さんの実践キャスティング教室」を、桐生市民広場裏の渡良瀬川河川敷で開催しました。
 島崎さんは12日のリハーサルに続いて、今日もスタッフ到着前から10本以上のロッドにデモ用のリーダー、ティペット、フライ(模擬フライ)をセット済みで、いつもの車の屋根にずらりと並べて開始を待ちます。
00  DSCN0373
(上) 予定より多い25名の参加者は、東京から参加の方も多いのに、受付開始時間にはほぼ全員が到着、なんと一人のキャンセルもありません。
 渡良瀬ネイチャリングアクトの橋本代表と、島崎さんから開会挨拶があって、さっそくシマケンコイルのキャスティングから講習が始まりました。
 以下、当かんりにんには技術的解説などとてもできないので、写真だけお楽しみ下さい。どうしてもとおっしゃる方は、島崎さんに川で会ったら聞いてみて下さい、きっと教えてくれますよ。m(__)m
01PA170061.jpg
02PA170062.jpg
(上2枚)シマケンコイルをセットしたキャスティング、前半とフィニッシュです。
03PA170075.jpg
(上) コイルに使う蛍光ラインはチープな「ちぢれやすい」量販店ものの方がお奨めだそうです。
04PA170104.jpg
(上) ハンズフリー拡声器まで準備して、市民広場堰の瀬音でも参加者に声が届くように配慮。行き届いた準備には本当に感心します。

05DSCN0413.jpg
(上) スタッフ、ゲストも含めた総勢40名、フライフィッシング1年目から30年の大ベテランまで。あなたの知り合いの方はいらっしゃいましたか。
05  DSCN0474
06DSCN0510.jpg
07DSCN0513.jpg
08DSCN0522.jpg
(上) 少し上流の、小倉峠側分流への渡渉点で、逆ループのキャスティング、「お祓いキャスト」などなど。
09DSCN0538.jpg
(上) さて、また堰上にもどって・・・

 ここで、初めて目にした人も多い(かもしれない)、ダイレクトラインのキャスティングが紹介されました。1983年にティムコから翻訳出版された「上級者のためのトラウト・タクティックス」(ジョセフB・ハンフリーズ著)59p.に「ニンフ・フィッシングのライン」として解説されているそうです。
 が、重量のないモノフィラメントラインでどうやってフライをキャストできるのか・・・。ごめんなさい、ここは写真を撮りそこないました。
10DSCN0563.jpg
(上) 渡良瀬川とヤマメのすばらしさを、以前島崎さんに贈られた剥製まで持参して解説。写真は雌ヤマメの額装で、雄ヤマメの大きいのは、50cm、55cm、57㎝そして60㎝!ここらになるとドライではなく、6月頃に大石のチャンネルを伝って遡上してくるヤマメを、ニンフ、ウェット、ストリーマで釣るのだそうです。
11DSCN0579.jpg
(上) 島崎さんのフライフィッシングを語るには、フライ、キャスティング、羽舟竿と、独特のリーダー、ティペットを忘れることができません。この日はリーダーの材料(量販店の蛍光ラインなど)と小道具を一式、川原に持ち出してレクチャーです。写真はファールド・リーダー(シマケンコイルと一体をなす進化系)作りの実演中で、蛍光ラインを大き目のフォーセップではさんで吊り下げ、数回強くスピンさせて縒りをかけています。

 最後に、会員Tさんから、シマケンコイルを使ったミッジの釣りで、この5月に中禅寺湖で6尾かけて5尾取り込むことができ、リトリーブにコイルの釣りの楽しさが加わったという体験談や、フリーレッスン、羽舟ロッドの試し振りもあり、中村羽舟さんも最後まで楽しそうにご覧になっていました。
97DSCN0618.jpg
(上) そうこうするうちに、夕空をカワウの群が高津戸のコロニーにご帰宅あそばす時間になりました。釣り人がいないので我が物顔、こんなのがいくつも上空を通過していきます。
98DSCN0627.jpg
(上) 終了した後も、島崎さんを囲んでおしゃべりが続き、駐車場でやっと解散するころには辺りは夕闇の中です。
 島崎さん、すばらしいレッスンを有難うございました。
 沢山の参加者の皆さん、有難うございました。渡良瀬ネイチャリングアクトをよろしくお願いします。
 スタッフ会員の皆さんお疲れ様でした。11月3日(水・祝)のヤマメ発眼卵配布、よろしくお願いします。  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/20(Wed) 16:22 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。