渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カワムツ釣りました(桐生川)
2010年10月13日 (水) | 編集 |
 10/12(火)の桐生川は気温25度、3日前の雨で少し増水していました。ブログヘッドの写真の場所で釣ると
カワムツ_101012
 こんなのから6cm位の新子までよく釣れました。オイカワとカワムツの比率はざっと1:9、なぜどこでもカワムツがこんなに多いのでしょうね。さらにウグイは1尾も釣れません。湖産アユの放流と関係があるとか言われますが、よくわかりません。
 フライは、TMC902BLの#18に話題のオーストリッチ(ナチュラル)をびっしり巻いて、エアロドライウィング(Tan,Fine)をスペントウィングに、同じくFLピンクをインジケータにちょびっと付けただけのシンプルなもの。
 オーストリッチへの魚の反応はたしかに他の素材と違うところがあるようで、浮かべても沈めても(沈んでも)非常に確実な出方をしました。しかも約4時間の釣りでこのフライ1本で釣る、いわゆる「1フライ」の釣りになったのは驚きです。フライの写真は、私のカメラではただのゴミにしか写らないので省略しました、あしからず。
 (その後) 10/17(日)キャスティング教室の当日午前中やはり桐生川で、TMC100BLの#22にミニオーストリッチ(ナチュラル)をコパーワイヤで巻いた「クロスオーストリッチ」フライを、シマケンコイルを使ってダウンクロスに流すという定石で、12日同様に釣れました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。