渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマメ成魚を放流しました (第1回)
2016年03月21日 (月) | 編集 |
 3月19日(土)に、渡良瀬ネイチャリングアクトでは、今年第1回のヤマメ成魚放流を実施しました。
 今回は、25cmから30cmまでの、状態の良いヤマメを、当初予定の90㎏を大きく上回る118㎏、渡良瀬川本流のキャッチ&リリース区域内の渡良瀬団地裏と相川橋上流女渕に分散して放流しました。
 朝のうちは雨が残る中を、お集まり頂いた会員の皆様に御礼を申し上げますとともに、第2回放流の際にも引き続きご協力をよろしくお願い申し上げます。
 なお今回、放流の終了後に、当会所有の初心者用バイスセット(10台)を、ご希望の参加者に売却し、代金を会の残余金(放流資金に予定)に繰り入れさせて頂きました。
 また、当会シールの残分をご希望の参加者に配布させて頂きました。

◆第2回放流の実施要領
  ・日時: 4月23日(土) 集合 7:30AM/放流開始予定 8:00AM(雨天決行)
  ・場所: ①渡良瀬団地裏の渡良瀬川右岸/②相川橋上流の女渕(①②の順で分散して放流します。)
  ・数量:ヤマメ成魚を第1回とほぼ同程度で。
  ・相川橋上流の女渕は、許可を得て養魚場と放流関係者の車両のみ入ることになります。同所での釣りを予定される方は、ご面倒ですが上流側「蕪町公園」裏の駐車スペースをご利用下さい。

以上

 2016年3月19日

++++++++++++++++++++
桐生市堤町3-10-4
渡良瀬ネイチャリングアクト 管理委員会 事務局 
http://watarasenaa.blog15.fc2.com/
++++++++++++++++++++

当日の様子を[続きを読む...]でご覧ください。
 まずは団地裏から放流開始。できるだけ魚が残りやすい深場を選んだせいか、上流寄りへの放流がメインになりました。
20160319_P3190484.jpg
 相川橋上流女渕(「めぶち」と読むそうです)に移動して放流。水門前の階段からバケツリレーをします。この場所は人数が必要なので、多数ご参加頂いて本当に助かりました。
20160319_P3190499.jpg
 団地裏と女渕で半分ずつの予定でしたが、結果的にそれぞれバケツで約15杯、20杯くらいだったようです。
20160319_P3190506.jpg
 相川橋上流は近年復活が著しい、昔からの超有名ポイント。更に復活への夢をバケツにのせて運びます。
20160319_P3190510.jpg
 小雨の残る中、参加頂いた14名の会員と、神山水産の専務さんにも入って頂いて記念写真。川の方を見ていたTNさん、すみません。広報の撮った写真で少しましなのがこれしかなくて。
20160319_P3190514.jpg
 堤防のサクラもつぼみが膨らんで開花直前です。
20160319_P3190517.jpg
 高津戸から上の水温が高い区間では2、3日前にオオクマやナミヒラタもスーパーハッチ(ライズなし)したりで、季節が早いよとTKさんのお話し。
 放流当日も、女渕ではシロハラや#16ほどのカディスのハッチもあって、桜が咲かないとハッチが本格化しないという当地にしては、確かに水中の春が早めにやってきているような感じでした。
 翌20日にも両毛漁協の特別成魚放流が予定されているので、特にキャッチ&リリース区域では良い釣りができそうですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。