渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
河川清掃を実施しました
2015年03月16日 (月) | 編集 |
 3月15日(日)7:00AMから、24人の方々の参加を頂いて、市民広場と団地裏で河川清掃を実施しました。
20150315_P3150172_M.jpg
 リーダーのTさんから作業上の注意があり、市民広場チームと団地裏チームに分かれて約1時間のゴミ拾いが始まりました。詳しくは [続きを読む...] でご覧下さい。 (かんりにん)

 渡良瀬川河川事務所の桐生出張所管内で不法投棄されたゴミの状況を公開している『わたらせゴミマップ』を見て頂くと、市民広場や団地裏になぜゴミが不法投棄されやすいのか、なんとなくわかります。レジャー目的にせよ不法投棄目的にせよ、クルマで進入しやすい、木立や草むらで現場が見えにくい、など・・・
20150315_P3150158.jpg 20150315_P3150163.jpg
 市民広場の堰上では進入路を倒木がふさいでいたので、クルマで捨てに来てUターンした例もあったのでしょうか、ゴミの量が少ないのが意外でした。しかし林間の道が使える小倉峠(中洲)方向の進入路の脇には、大型の家庭ゴミも含め、例年と同じくらいゴミが落ちていました。
20150315_P3150166.jpg 20150315_P3150175.jpg
 団地裏チームが拾ったゴミを軽トラックに積んで戻って来たところでティータイム。コーヒーとお菓子、Sさんいつもごちそうさまです。
 お茶を飲みながら、成魚放流の日取りと放流場所を皆さんで相談。放流日は4月19日(日)、放流場所は渡良瀬団地裏に決まりました。
 また放流の際、バケツリレーで手持無沙汰な人もいたので、自宅からバケツを持参すれば団地裏のどこでも好きな場所にヤマメを放流できるようにしたらという提案があり、『マイ・バケツ』で放流、という楽しみが賛成多数で実施されることになりました。
 さらに詳しくは、この件でもTさんをリーダーにお願いして、放流時刻、親睦会の進め方なども含めて相談したうえで、改めてお知らせすることになりました。
 なお、放流場所の選定はメールでの不在者投票と会場での挙手の合計で行われ、候補となった5カ所に対して、相川橋上流女渕(0)、渡良瀬団地裏(15)、市民広場小倉峠(中洲)(3)、上毛電鉄鉄橋下(赤岩橋)(6)、昭和橋(0)と、希望があり、渡良瀬団地裏に決定されました。
20150315_P3150178.jpg 20150315_P3150250.jpg
 お茶の後は、-さんが講師になって、誰でもいつになっても悩まされるテイリング・ループ対策の貴重なレッスン。めったにないチャンスに皆さん、表情は真剣そのもの、白熱教室でした!ロッド・ビルダーYさんのバンブー・ロッドの試し振りも好評だったようですよ。
20150315_P3150282.jpg 20150315_P3150281.jpg
 もう一のタイイング・コーナーで、ご自分が今使うフライを惜しげもなくフライボックスから取り出して見せて下さった方々、有難うございます!朝な夕なに川にいて(ホントに毎日、朝・昼・夕方という方もおられます)、流れている虫を巻いたフライの放つ妖気は大変なものです。(見たいと思ったらこういう方と早くお友達になりましょう (W)

 さて、リーダーのTさんから挨拶があり、テーブルも片付いて解散になりましたが、立ち話の尽きることもなく、全員が市民広場駐車場を後にしたのは10時半頃でした。 皆さん早朝からお疲れさまでした。成魚放流でもごいっしょさせて下さい。  (かんりにん)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg