渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速報、ダイヤモンド吾妻山!
2014年05月18日 (日) | 編集 |
(Sさん)
 5月18日(日)の朝一番、団地裏に朝日が当たった瞬間です。吾妻山から太陽が昇りました。ダイヤモンド吾妻山?
201405180525_SCA3K0900_c.jpg
 時間は5:25AM。団地裏に長年通っていますが、初めて見ました。 ライズがあれば見られない光景です(^w^)

 今日は両毛漁協の、本流としては今季最後になる放流日です。
 市民広場の中洲で、今朝ピチピチの取れたて、ジャスト30センチです。今日は釣り上げてメジャーでちゃんと計りましたよ、ストマックは後で送りますね o(^-^)o ヤマメは尾の方に傷がありました 鵜に噛まれた傷ですかね。
201405180734_SCA3K0902_c.jpg

(かんりにん)
 私が5月5日に団地裏で釣った28cmくらいのヤマメも、カワウが咥えた傷が背中にありました。 これくらいの大きさになるとカワウから逃げるチャンスがあるし、しっかり成熟した大型の成魚になって産卵に加わる可能性が大きいということですね。

(Sさん)
 上の画像のヤマメを掛けたのは7:34AM、柳の流れ込みの下で続くぽつーん、ぽつーんというライズに流すと、ガバッと出るのですが、乗ったのは3回目のキャストでした。フライは#18グリフィスナットのテール付きです。
201405180735_SCA3K0904_c.jpg
 いっぽう団地裏では、小さなライズがあるのですが、これはヤマメではありません。前からの残りヤマメ、今日の放流ヤマメ、そしてチビライズ。虫が多くて何がどこで食われているのか迷わされるだけでなく、その上色々な魚が入り乱れているとなると、よけいに的が絞りづらくなりますね。

(かんりにん)
 オイカワ?アブラハヤ? まさかアユ? 万一アクシデントで鉤掛かりしたら、傷つけないよう細心の注意を払って、速やかに再放流しましょう。C&R区域で義務付けられているバーブレスフックはこのような場合にも有効ですよ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。