渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速報、GW後半/合併号 おもに団地裏
2014年05月09日 (金) | 編集 |
(かんりにん)
 5月5日(月・祝)早朝7時半頃の団地裏(Sさん撮影)です。ライズはなくて、とても小さなカディス(#24?)がハッチしています。川内側で釣っていると、8時頃にぼこぼこのライズがありましたが、ほんの一瞬です。ヤマメは水面では食わずに、水面直下から下でゆったりと虫をつまんでいる感じです。
201405050733_SCA3K0886_b.jpg 201405051225_P5050053_b.jpg
 わざわざ危険な水面に出てきて虫-フライを食べるよりは、大量に水中を流下する虫の方が安全・安心なのでしょうか。そこでカディスピューパのインジケータを取って、水面直下を流したら反応がありました。
201405050928_P5050037_b.jpg 201405070000_P5070111_b.jpg
 このヤマメは28cmくらいで、カワウが咥えた傷が背中にありました。これくらいの大きさになるとカワウから逃げるチャンスがあるということですね。
 ストマックはヒロアタマナガレトビケラと、その他にはミッジピューパが多かったのですが、サンプル壜を流してしまいました。しかたなく、水面をシャカシャカ歩いているピューパ(昨年の市民広場の中洲でも出ていた)を捕まえて、それらしきフライと並べてみました。ボディカラーは、褪色したサンプルのそれではなく、フライで使ったFLY-LITEの#13 grannom green(廃番)に近い、鮮やかなミント・グリーンです。「<総集編>速報、突撃!ヤマメの昼ごはん」 から、「2013年05月04日 速報、5月4日 市民広場」もご覧下さい。

 11時過ぎ、排水(清水下樋管)前ではライズが続いていますが、連日よってたかって攻め続けているので、ここのヤマメを掛けるのは日毎に難しくなっています。
201405050630_P5050018_b.jpg
 そんな中で、S--さんは、早朝から午前中に6尾取って、3尾ばらし、2尾合わせ切れと聞きました。見ているほうがよほど勉強になりそうな気がします。

 日中は全くライズがない時間もあって、16時半頃、川内側の瀬の肩で始まったライズに、思いついてライトオリーブの#12クリップルを落としたら、ドラグの掛かったのを追い食いするように、2回出ました。#12で乗らなかったのは腕のせいですが、面白い反応でした。

(Sさん)
 5月5日(月・祝)の市民広場、中洲で掛けた1尾です。20cm弱ですから団地裏とはサイズが大分違いますが、1尾の値打ちに大小などありませんよね。ストマックはアカマダラ、エラブタ、カディスとカワゲラなどです。
201405051514_SCA3K0891_b.jpg 201405051514_SCA3K0894_b.jpg

(かんりにん)
 5月6日(火・休)、早朝5時過ぎに団地裏に行くと一番乗りしていたのはカワウが2羽。小雨が残って風も冷たいスタートになりました。8時過ぎの水温は12.5℃で、流れている目立った虫はありません。
201405060522_P5060069_b.jpg 201405060501_P5060063_b.jpg
 この時期のこの花、アレチヒナゲシという地中海沿岸原産の帰化植物だそうです。東京で1961年に発見されて、群馬、福岡から全国へと広がったらしいので、さすが新しいものが好きな群馬というべきか・・・

 6時半頃、中央部の上流、川内寄りで、ごぼんと大きなライズがあったので、それまで結んでいた小さいスピナーを、昨日の#12クリップルダンに替えて、何気なく投げると、日中ではめったに見られない大型ヤマメが身体半分を出して抑え込むようにフライを咥えこみました。
201405050600_P5080114_b.jpg
 ヤマメとは思えないスピードで逸走するのを、リールファイトに切り替えて何回かやり取りしましたが、ラインを3mほど残したところで8Xティペットが切れました。エルモンヒラタのスピナーも流れていたので、それに出たのかもしれません。
 あとで「35cmはあって・・・」とSさんに話したら、釣らないのに大きさはわからないでしょうと笑われました。

201405061053_P5060083_b.jpg
 11時前、珍しいお客様が来ました。海岸では時々見かけるコアジサシです。ホヴァリングしながら小魚を狙います。このときも下流側の中洲手前で浅瀬のオイカワ(?)に何度もダイビングしていました。
 営巣地は小石の河原なので、それらしいものを見かけたらそっとしておいて下さい。群馬県でも準絶滅危惧種に指定されている希少な鳥です。

 12時頃、川内側でぼこぼこライズがありました。水面下0から15cm(?)を流したどのフライも無視されて、お手上げです。何がどのステージで食われているのか、見落としているのは間違いないのですが、わかりません。もっとも、流し方がヘタなのを棚に上げた話ですが。

 17時半頃、この時間に見かけたダンは、水面でアカマダラ、エラブタ、モンカゲと、3mm程しかないマイクロフタバ(?) 飛行中のエルモンヒラタのダン。

 18時半頃、ヒゲナガのハッチを待っていますが、中央部のカガミでは、ぽつーん、ぽつーんと水面下でなにかをつまみ食いするようなライズだけです。
201405061833_P5060107_b.jpg
 19時、ヒゲナガが飛び始め、顔のまわりでうるさいほどになったところで、目の前でごぼっとライズ。すかさず#17マシュマロピューパを投げたら、本物に出たと同じライズがありました。
 大負けで泣き尺といったサイズでしたが、足元が不安なので、写真もストマックも取らずに上がりました。早朝の大物バラシを帳消しにしてくれた、今年最初のヒゲナガ。まずは好調な滑り出しでハッピーな一日でした。昨日も同じ場所で1尾掛けた方がいますので、ヒゲナガのイブニング、本格的に始まっているようです。

(Sさん)
 連休も終わって、皆さんお疲れ様でした。皆勤賞の--さん特にお疲れ様でした。m(_ _)m
 連休中に皆さんに教育されたヤマメを、水曜日組がどこまで釣れるか楽しみです。明日はガラガラの団地裏で楽しみたいと思っていますo(^-^)o

(Sさん)
 5月7日(水)、夕方7時頃の団地裏、私の隣でハシモトさんの竿を試し振りしていたK-さんが釣ったヤマメのストマックです。201405071900_SCA3K0897_c.jpg
 今日は全体的に良くなかったとおもいます、水の色も少し変でした。イブニングにO-さんも1匹釣りましたが、私は中洲で1尾バラシて終わりました (;_;)

(かんりにん)
 GW中に見かけた虫を羅列すると、アカマダラ、エラブタ、フタバコカゲロウ、モンカゲ、#20~#22くらいのコカゲロウ・・・Fだか、Jだか、キナリだか、そしてとても小さいマイクロフタバ(?)。
 ヒゲナガ、ヒロアタマナガレトビケラ(?)、そしてこれも小さなマイクロカディスなどと、カワゲラ、ガガンボ、大小のユスリカ、ミズバチ、これにその他の陸生昆虫まで入れて、それぞれのライフサイクルに合わせたフライを、どのステージでどう食われているかに合わせないと正解が出ない・・・ので、この遊びは面白いのだと思いますが、それにしても釣れませんねー。(W)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。