渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速報、今釣れました、24センチありました (2)
2014年03月26日 (水) | 編集 |
(橋本さん)
 今日の団地裏は、ぼこぼこライズがあったけれど、それがホントに一か所だけ。そこを釣っていた人は昼過ぎには8~9尾掛けていたよ。
 相川橋では、ヨレの中で1回だけ渋いライズがあって、25cmくらいの銀毛ヤマメが出たけれど、その後が続かない。
 どこでも入れた魚が出てこないというか、広がって行かないように見えるのは、水量が少ないせいかなあ。
 主に食われているのはやはりユスリカのようで、他にはガガンボと#20前後のコカゲロウ、朝はトビケラがポツポツ出ているけれどそれにはライズしてこないね。

(Sさん)
 赤岩橋で朝のうち少しモジリが見えたので、2時頃にまた行ってみるとポツンとライズ。風が少し出てきたところで何投かすると出たのが(1)の24cmです。
 とにかくライズが少なくて上電鉄橋の上の方もなし、一つだけライズを釣ったらおしまいでした。画像はそのストマックです。
20140326_SCA3K0794.jpg
 4時頃に団地裏に戻ると、一カ所だけのライズが続いていて、皆さん入れ替わりで攻めていましたが、それがだんだん渋くなっていたようですね。沈めて1尾掛けていた人もいましたよ。
 途中で弱い雨が降ってきたけれど、今回は雨の前で活性が上がったのかもしれませんね。

(かんりにんの反省)
 最近自分の釣りを見ていて、特にまずいなーと思っていることに、団地裏に限らずどこでも共通な現象として、ウェーディングすると、その波でかなり遠くのライズも止めてしまうということがあります。(下:Sさん撮影の団地裏、8時半頃です)
201403260831_SCA3K0788_s.jpg
 これだけてろんとした水面だとなおさら、いくら静かに立ちこんでいるつもりでもだめで、ライズが再開するまで時間がかかるか、多くの場合、そのまま止まってしまうかです。
 自分一人でライズを釣っているなら自業自得なのですが、他の方の釣っているライズを止めたら悪いし・・・、悩ましいですねー。
 ウェーディング・スタッフ(私のはトレッキング・ポールですが)を使えば、よろけて大波を立てることは減るし、ある程度静かにウェーディングできるので、必ず使っていますが完璧ではありません。
 特にここしばらく、ライズが限られる状況下で、やみくもに立ちこんで歩き回ったのは大反省でした。立ちこむなら他人様の迷惑を考えて、とにかく静かに、静かにするつもりです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。