渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
ヤマメ放流、お手伝いありがとうございました。
2010年04月05日 (月) | 編集 |
 4月4日(日)たくさんの方々にお手伝い頂いて、早朝から水門前にヤマメ成魚を放流しました。ヤマメファンドにご寄付頂いた多くの方々、また今回の放流に特別のご寄付を頂いた方々、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。22cm級を中心に尺物を少々取り混ぜたヤマメは、品質の良さで有名な足尾の㈲神山水産から購入しました。バケツリレーでていねいに放流します。
100404_バケツのヤマメ 100404_ていねいに放流
 この辺は、カッパが出て子供を引きずり込むという看板のある場所なので、皆さん足元に気をつけながらせっせと放流しましたが、ぶじ終了しました。
100404_こわいカッパ 100404_バケツリレー終了
 これだけ高低差があるので、おおぜいの方にお手伝い頂くと、本当に助かります。
100404_バケツリレー遠景
 お疲れ様でした。渡良瀬川とヤマメを愛する心やさしきオジサンたちと、ご協力頂いたすべての方々に拍手と感謝!!
100404_記念写真
 三分咲きのサクラの下、心づくしのコーヒーとお菓子でお茶の時間。話題はもちろんこれから1ヶ月あまり続くはずの、ぼこぼこ&激シブライズへの期待と戦略?
100404_お茶の時間 100404_さくらアップ
 早くも始まったライズに、お茶もそこそこにちょっぴりヤマメ教育。最初は昨年話題のS型ストリーマも登場して威力を発揮。「大人のためのFF教室」に府中市から参加したKさんも渡良瀬デビュー、ばらし多数の中で2尾釣ってまずは大成功。この方、新宿サンスイで「渡良瀬用のストリーマ」をみつくろうよう頼んで眼を丸くされたとのこと。
100404_ずらりと並んで 100404_左岸でもライズ
 放流場所の魚が多少散らばったと思われる昼過ぎ、気温も10度に満たない中で、左岸側ではコカゲロウ(らしいのですが遠くて未確認)とユスリカにスプラッシュ・ライズが続き、一番乗りした-さんが次々にライズを取っていました。さて、ヤマメ学校はこれから毎日開講。釣り人の皆さん、魚に名札が付いているわけではありませんが、学習中の魚はできるだけていねいに取扱って頂けたらうれしいです。では、川でお会いしましょう!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg