渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中通り大橋 ~ポイントその4 (番外編)~
2010年04月01日 (木) | 編集 |
 錦桜橋と昭和橋の間で工事中だった『中通り大橋』が3月27日に暫定2車線で開通したので見てきました。早朝なのと開通早々とで車はほとんど通りません。
nakadoorioohasi_100331.jpg
 アクセスなど、詳しくは桐生市役所のHPを見て頂くとして、釣り人としてはさんざん掻き回された本流の様子が気になります。
nakadoori_jouryu_100331.jpg
(写真上/上流側)上流側の錦桜橋下から、下流側の昭和橋の手前まで、見事にストレートな流れになってしまったのは皆さんご承知とはいえ・・・両毛漁協が錦桜橋で放流したヤマメも、秋のニジマスも、一体どこに止まっていりゃあいいのか、ひたすら下っちまうしかないですね。
nakadoori_karyu_100331.jpg
(写真上・下流側)昭和橋の手前、左岸の小梅琴平公園の前あたりでやっとプールになって魚が止まるようで、去年のニジマスでもここでライズがありました。今年のヤマメはまだ見ておりませんが、今のところあまり華々しい話もないようです。
 着工前は、今では左岸寄りに直線化された流れが右岸側にカーブしており、その先で橋の手前までの長い大きなプールになっていました。アクトの08年の成魚放流で4月6日からGW前まで、オオクマからフタバコ、エラブタとこれ見よがしのライズが延々と続いて、伝説のフライフィッシャー「オカウの-さん」を始めとする方々を熱くさせましたが、それも昔話の仲間入りとなってしまいました。
 そんな状況で、この区間のポイント情報については、取りあえず「開拓中」ということに。

 まだどこの地図サービスにも新しい橋は載っておらず、Yahoo!でも計画路線の表示でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。