渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
ヤマメの発眼卵を配布しました
2013年11月05日 (火) | 編集 |
 11月3日(日・祝)、今年も桐生市役所駐輪場で、ヤマメの発眼卵6,000粒を市民の方々に配布しました。
 孵化したヤマメの稚魚は、順調に生育すれば来年の春分の日頃には渡良瀬川の本支流に放流できる程度になります。継続は力なりで、おかげさまでこの活動も20年の歴史に加わることになりました。

 養魚場から前日受け取ってきたヤマメの発眼卵は、直射日光が大の苦手なので、暗いうちから準備にかかります。6時から始まった準備作業は、発眼卵のパック詰め、ペレット餌、ハイポの袋詰めと、12人の会員が手分けしてずんずんはかどります。
20131103_PB030233.jpg 20131103_PB030238.jpg
 今回は6時45分にはすべて準備できました。この時間にはすでに配布を待つ方々の行列ができています。
20131103_PB030248.jpg 20131103_PB030270.jpg
 配布スタート。最初にお見えの女性は開始30分前からお待ちでした。いつも有難うございます。
20131103_PB030273.jpg 20131103_PB030278.jpg
 ヤマメファンドに寄付を頂きました。君が大きくなったら毛鉤釣りで遊ぼうね!
20131103_PB030304.jpg 20131103_PB030286.jpg
 一段落したと思うと、次々に市民の方々が来て下さって、準備した120パックあまりがどんどん減っていきます。
20131103_PB030317.jpg 20131103_PB030330.jpg

 8時近くなって人もとぎれたところで、Sさんのコーヒーとお菓子、深川屋食堂さん提供の味噌汁をごちそうになりました。いつもいつもの心づくし、ほんとうにごちそう様です!
 今年のヤマメ発眼卵配布は無事終了しました。早朝からお手伝い頂いた12名の皆様、お疲れさまでした!

(かんりにん)
 11月3日は、クルマ好きには見逃せない『第8回クラシックカーフェスティバルin桐生』も、群大理工学部キャンパスで開催されました。 [続きを読む...] にかんりにんが撮った写真がありますので、お急ぎでない方はどうぞそちらも。
 この頃の車は笑っているような顔をしたのがいくつもあって、気持ちがなごみます。
20131103_PB030383.jpg 20131103_PB030384.jpg
 クルマのオーナーさんも、車と同じくらいお歳を召した方が多くて、フライフィッシングに魂を売り渡したおやじどもと比べて、思わずニタリとしてしまいます。それともクルマの方が重症かな?
20131103_PB030390.jpg 20131103_PB030387.jpg
 右のクルマは「サーキットの狼」という漫画に登場した車を本気で再現してしまったものだそうです。すみません、ありがたみがわからなくって。
20131103_PB030400.jpg 20131103_PB030425.jpg
 これはわかりました、ホンダのF1。左が1965年のメキシコGPで初優勝を飾った歴史的な車で、右が翌年の車だそうです。(左:ホンダ RA272/右:同RA273)
20131103_PB030435.jpg 20131103_PB030433.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg