渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速報、5月1日と2日
2013年05月03日 (金) | 編集 |
(かんりにん)

5月1日(水)

 団地裏の早朝から10時過ぎまでは、何を食べているのかわからない単発ライズに悩まされます。
 朝のうちでも、例の2号棟前で釣っている人はなぜかここだけ活性の高い(高そうな)ヤマメを掛けていました。さらに上流の西高に寄った方でも釣れる方には釣れていましたが、そちらはポイントを選ばないといけないそうです。
20130501_127.jpg 20130501_130.jpg

 一方、駐車場前の大きなヨレ(カメラの位置)でライズを続けるヤマメ(2、3尾?)は、ときどき面倒くさそうにかんりにんのフライを見に来るだけで、しっかり水面下のホンモノを食べているようす。

 この日も昼前にフライフィッシング向きとは言えない強風が吹き始めましたが、エラブタがハッチする11時から1時半頃にかけては、団地裏でも市民広場でもヤマメが活性化します(たぶん赤岩橋も)。
 それまでのシビアなライズとは明らかに違うようで、強風の中でこの時間帯にヤマメを掛けている人が多いようです。
(市民広場、強風の中で対岸テトラ寄りのライズを釣るSさん)
20130501_146.jpg
 午後は市民広場で橋本さんの釣りをSさんと見物しました。橋本さんは風が出る前に**尾掛けたそうです。
 夕方4時頃にSさんと市民広場に入ると、強風の合間に対岸よりで活発なスプラッシュライズがありましたが、ご覧の通りで退却となり、上電鉄橋下(赤岩橋)に向かいます。

 ところで、2、3週間も主役の座にあるエラブタマダラカゲロウに対して、これまで4月後半といえばアカマダラだったのに、ストマックでは1匹だけ(当ブログ)。かんりにんの節穴で見たとはいえ少なすぎませんか。
 エラブタより時期的に少し遅れるようですが、それにしても、ここ数年(もっとか?)、アカマダラの盛期のはずの4月後半になってもほとんど見かけないというのは変です。

 エラブタの方が少し水質の悪いところでも適応できるそうなので、アカマダラのダン(やBFDの現物)が見られない一方で、以前は注目されなかったエラブタのダンが大量に流下して、ヤマメのライズが続くというのは手放しで喜べないのかも・・・憶測ではありますが気になります。

20130501_160.jpg
 上電鉄橋下(赤岩橋)に行ってみると、橋本さんが他のお二人と堤町側で釣っていました。風が小止みになったときのライズを見逃さず、ほんの少し誘ったら出たのが「泣き尺くらいかなー」のヤマメです。
20130501_167.jpg
 ふだんやらないニコパチをお願いしたら途中で逃げられたのでヤマメの写真はありませんが、代わりにストマックを少々。

(橋本さん)
 モンカゲロウが出ているね。赤岩橋の下で食われていたけれど、例によって片翅が水に取られて、時々もぞっと動くのがその瞬間にやられるだけ。いつも言うことだけど、あれはむずかしいね。(と言っている前をひらひらとダンが下流に吹き流されていきました)

20130501_173.jpg 20130501_169.jpg

5月2日(木)

20130502_191.jpg 20130502_194.jpg

20130502_195.jpg 20130502_207.jpg

(かんりにん)
 --さんと立ち話のあと、市民広場に行ってライズ待ちをしましたが、川下を向いていると川筋を吹き降ろす強風で前のめりに倒れそうで、転ばぬ先のトレッキングポール(当地大流行!ホームセンターが安い!)を突いています。

 風の中で散発ライズを狙って、いくどか無視されたあとで、フライボックスの中で行方不明だった#18のオリーブを見つけて投げたら、あっさりと釣れてしまいました。ヤマメのサイズは25cmくらいでしょうか。
20130502_222.jpg

 そのときのフライはこれですが、カッコ悪いので少しモザイクを掛けます。
20130502_227.jpg

 --さんに結果報告の電話をしたら、お庭の草むしりをしているところでした。皆さんもみならいましょう。
 連日の北西風の中で赤城山がくっきりと見えます、この日は全国的に観測史上いちばんの寒気に包まれていたそうで、冬支度をしての釣りでした。 
20130502_238.jpg

(かんりにん)
 今年の渡良瀬川ではエラブタのほか、いつものシロハラもよく食われていますが、T-さんによれば、サイドコカゲロウ、クシゲマダラカゲロウ、ネイブルコカゲロウなどなども出ているそうです。が、憶えきれません、違っていたらごめんなさい。(今度からT-さんと立ち話をするときは手帳を持って行こう)

 そういえば、ヒロアタマナガレトビケラ(グリーンのボディのあれかな?)が食われているよとT-さんが言ったら、---さんがさっとそのフライを取り出して見せたと聞きました。ヒロアタマ・・・感心しますねー!

 ヒゲナガが本格的に登場したのはGW入りころでしたか、それまでも消化されたアダルトがストマックに入っていましたが、本格的には始まったばかりです。

 昨夕、皆さんが帰りかけたときにM-さんから、ヒゲナガにライズしていると電話が入って、Sさんが市民広場に急行しましたが、結果としてはM-さんもフライが合わず、Sさんも間に合わずで6時半過ぎにはライズが終わっていたらしいです。

(M-さん)
 こんばんは、今日(2日)は他のお二人と中州に入りました。3回カプっとやられましたが取り込めたのは1尾でした。しかもいつものバックファイヤーダンをピックアップしている時でした。6番で水面ギリギリの 引っ張りがいいかも(笑) -さんも1尾出ました。

(--さん)
 赤岩橋では両岸でイノシシが出ているから気を付けて下さい。昨日見たのは体長が1メートルくらいありましたよ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。