渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速報、4月29日
2013年04月30日 (火) | 編集 |
(Sさん)
 今日(4月29日(月・祝))は、朝一番に団地裏に行きましたが、強風でロッドを出さずに皆さんと情報交換。この時期はエラブタがキーワードみたいです。

 午後は、M-さんと市民広場の中洲にはいりました。--さんがお仲間と2人でいました。強風の中ドライで数尾釣れたそうです!
 ただ、ドライに出ることは出るのですが、すっぽ抜けが多いです。昨日放流されたばかりで食い方がヘタなのか、それとも私の釣り方がヘタなのか・・・、その辺がわかれば面白いですね。

(写真は29日、市民広場のヤマメ。M-さん提供です)
2013042918250001_M.jpg
(M-さん)
 こんばんは、今日は市民広場で8ぴき遊んでもらいました。18番のバックファイヤーダンのピーコック、オリジナルウィングのMウィングソフト黒でした。何となく食いつく流しかたがわかりました。
2013042918230002_M.jpg
 このときのハッチは見えなかったのですが、虫がまとまって流下すると、ライズもそれに合わせて起こる、それがくりかえされているような感じでしたね。

(Sさん)
 先日から強風の日が続くので、今日も6番ロッドの引っ張りになりましたが、フライはいつものソフトハックルではなく、バックファイヤーダンのインジケーターを取ったフライです。先日からヤマメのストマックに大量のイマージャーが入っていたので、このフライを沈めて釣りました。以前から使ってみたかったので・・・
 結果は4尾で、1尾はスレでしたがその他にも当たりが数回ありました。まずまずの手応えです。

 こういう釣り、この時期に強風で釣りにならなくて困っている方も、とりあえずドライという方も、ライズ待ちの方も、釣りのひとつの方法としていかがでしょうか。フライフィッシングの遊び方が広がって面白いと 私は思っています。

 今年は団地裏、市民広場、そして赤岩橋と、それぞれ違った釣り方で楽しめるのが良いですね。
 そうそう、ヒゲナガが始まっているようですよ!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。