渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速報、4月4日と5日
2013年04月06日 (土) | 編集 |
(かんりにん)
◆4月4日(木)
 4月4日(木)は穏やかに晴れて無風状態。先月24日から絶好調の団地裏は、7時前にライズが始まりました。
 2号棟前には既に2人入って、やる気満々のヤマメを攻めています。かんりにんは駐車スペース前のライズを相手にサイトフィッシングを試みますが、相手にされず、お花見に切り替えて女渕樋門に向かいます。
024_20130404_サクラ女渕
 写真は女渕と駐車スペースの中間点。この先の女渕から下流の大プールにかけてライズを期待して来たのですが空振り、何かのスイッチが入るのを待ちますかね。

 ムラサキハナナはこの時期の河川敷のどこでも見かけるので、ヤマメが釣れないときに写真を出してごまかせる便利な植物。原産地は中国で、若い葉は食べられるんだそうです。
018_20130404_ムラサキハナナ

 女渕樋門をあきらめて団地裏に戻ると、川内側のカガミでいつものライズ。
037_20130404ライズ団地裏
 やる気満々(に見える)ライズが同時に3つも4つも起こるので、頂きいっ!と思いますが・・・
 こちらはオオクママダラカゲロウ、この時期の昼前後にハッチがあるいわば主役級なんでしょうが、イマージャーやフローティングニンフ、ましてやダンなどで釣りが成立したという話はあまり聞いたことがありませんでした。
050_20130404_オオクママダラカゲロウ
 ところが、数日前、旧赤岩橋前で釣っていたK--さんの前にオオクマのダンが帯状になって流れてくる、過去にないぼどまとまったハッチがあったようです。そのとき、ダンのいくつかがチュビッという感じで吸い込まれるライズがあって、#12か、#14のフローティングニンフ(間違えてたらごめんなさい)をキャストすると、何回も空振りした後で、ヤマメを掛けることができたそうです。
 空振りについてK--さんは「ヤマメもふだん食べてないので食い方が下手だったみたいねー」と言っていたそうです。
065_20130404_オオクママダラカゲロウ 034_20130404_サクラ

073_20130404_クルミ団地裏 066_20130404_オオクママダラカゲロウ

(かんりにん)
◆4月5日(金)
 翌4月5日(金)も、穏やかで無風、今日は団地裏の2号棟前(渇水期だけのポイント?増水すればポイントもアプローチも全く別物になるでしょう!)に入りました。6:30頃にはライズが始まっています。
095_20130405_団地裏2号棟
 目だったハッチもない(?)ので、#30のスペントミッジを0.2号のフロロに結んでやや下流のライズにキャストしたらこのヤマメ(また30cmありました)が釣れてしまいました。。今回はしっかりとカメラに納めます。
100_20130405_ヤマメ団地裏
 この2号棟前ではやる気のライズが続きますが、大小3尾掛けて午前の部が終了しました。下流側のカガミや駐車スペース寄りのライズは浮かべるフライが通用せず、水面下10cmまで読み取らないといけない、いつもの激シブになっている様子です。
105_20130405_2号棟前から下流

 カガミで釣っていたT-さんの話では、#28くらいのコカゲロウが同じ大きさのユスリカに混じってハッチしていて、緑色のボディとちょいと持ち上がったテールを見なければ区別できないんだけれど、それで釣れたストマックを見たらそのコカゲロウを食べていたそうです。(写真のコカゲロウはそれとは違うようです)
103_20130405_コカゲロウ 117_20130405_コカゲロウ

 深川屋さんでランチを食べてから、上電鉄橋下(赤岩橋)に行ってみました。
130_20130405_ムラサキハナナと富士山
 堤町側の鉄橋の上手にSさんが帰った後から入れてもらうと、岸近くの流芯でライズが続いていたのですが、単純に浮かべたフライに反応はなくて、#22のフェザントテールを送り込んでやっと当たりました。

渡良瀬川本流への次の成魚放流は、
両毛漁協が4月14日(日)に3回目の放流、
渡良瀬ネイチャリングアクトが団地裏で4月21日(日)8:00AMから放流 と続きますが、するまでブランクですが、その間も、今の調子なら、簡単とは言えないけれど、まだまだやる気のある(ありそうな)ライズを楽しむことができそうですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。