渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速報、3月27日
2013年03月28日 (木) | 編集 |
(かんりにん)
 3月27日(水)、Sさんの写真と橋本代表からの聞き書きがあります。上電鉄橋下、団地裏とも、随所でライズが続いているので、しばらく楽しめそうですよ!

(かんりにん)~ Sさんの写真に、かんりにんがコメントをつけさせて頂きました。

 15:00過ぎの上電鉄橋下を、Sさんのお店がある堤町側から見たいつもの景色ですが、たっぷりライズがあります。既にかなり(群馬では「なから」または強めて「なっから」と言いますが)難しくなっているようですので、皆さん心ゆくまでお楽しみ下さい!
201303271514_上電下_SCA3K0233

 上電鉄橋と赤岩橋の間にある、旧赤岩橋前のポイントです。3月24日にブユの大量流下が起こったのは、写真の右奥にある市民広場下の激流からのようです。
201303271543_旧赤岩橋前_SCA3K0235

 上電鉄橋の上側にあるアパート前から鉄橋方向のライズを見ています。富士山下側にぶつかった流れが堤町側に反転して、この場所では流芯が岸近くを流れるので、ハッチの状況によっては「なっから」面白い釣りになる場所です。
201303271543_上電上側_SCA3K0236

 ご自分の竹竿で良型ヤマメを掛けたロッドビルダー(ご本人は「竹竿職人」とおっしゃいます)Yさん、良いカーブですねー。かんりにんもスズタケの3番6尺7寸など使わせて頂いておりますが、気持ちの良いキャスティングと取り込みを併せ持つ「お宝竿」と感じております。
201303271549_上電上側_SCA3K0239


(かんりにん)~ 水曜日が店休日の代表からコメントを頂いたので、まとめさせて頂きました。

◆旧赤岩橋の前では朝からライズが続いていたし、そのライズを取って釣れているね。上電鉄橋の下から堤町側に移動したS-さんも9:00AM過ぎまでに10尾くらい掛けていたようだよ。

◆団地裏は、上流寄りで、背中を見せてすごい数がライズしていたよ。対岸(川内町側)から回り込んで、団地の建物の前あたりで釣った。ざっと20尾掛けたけれど、取った(もちろんC&Rです)のは17尾だったね。
 フライは、ユスリカ、ガガパラ、スパークルダンと、どれでも釣れたけれど、9:00AMからやっていた--さんが、大きなフライはだめだ、#20とか#22が正解だと言っていた。
 ドライでなくても、コカゲロウやフェザントテールにアルファ目印をインジケータにするような釣り方でも釣れたね。
 ヤマメはまだいるよ! --さん、早く来な!

(かんりにん)
 7、8年前までは、桐生地区でヤマメが釣れるポイントは全部集めても2、3人分で満員だなどと嘆かれたほど、特に釣り場の状況に不案内なフライフィッシャーには厳しい状況がありました。
 ここ数年は、ヤマメに会えるチャンスが少し多くなってきたように思われますが、確実にそうなっているのか、なぜそうなっているのかなどは、さらに時間をかけて確かめる必要がありそうです。
 そのためにも、今起こっている、団地裏のライズや、上電鉄橋下のライズ、もちろんその他のポイントでも起こっているだろうライズがなくならないよう、釣り人としてできることはやって行きたいと思いますね。
 10数年前ですが、ある方からティムコさんがノベルティとして作った石鹸を頂きました。フライを始めたばかりの頃でしたが、良いことが書いてあると思い、使わずにとっておいたものです。

tiemco soap s
 
『DO SMALL THINGS:小さいことから始めよう』

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。