渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
河川清掃を実施しました
2013年03月11日 (月) | 編集 |
 3月10日(日)7:00AMから、29人の方々が参加して、活動開始から20年目の河川清掃を、市民広場と団地裏で実施しました。

 渡良瀬川を少しでも良い釣り場にしたいという希望をもって、毎年多くの方々が集まり、この木の前で終了後の記念写真を撮ってきました。そういえばこの木もずいぶん大きくなったような気がします。
20130310_河川清掃_266L
 穏やかな早朝、7時に橋本代表の挨拶と作業の説明があって、参加者が市民広場チーム、団地裏チームに分かれて清掃が始まりました。かんりにんは、団地裏チームのようすを見てきました。

 団地裏は駐車スペースも20台以上に広がって、多くの釣り人がだれでも立ち寄れるようになりましたが、半面で不法投棄をする不心得者も乗り入れやすい状態になりました。
20130310_河川清掃_224L
 もし団地裏で不法投棄があって、それを防止するために団地裏への車の乗り入れが禁止されたら、私たち釣り人にとっては、それこそ一大事です。(原因は別ですが相川橋上流右岸への車両乗り入れが禁止されたのは記憶に新しいところですね)
20130310_河川清掃_231L
 ご承知のように、ここ団地裏でも国土交通省が対岸の川内町に設置した監視カメラが不法投棄を監視していますが、監視カメラには目隠しになる草むらや灌木が泣きどころで、見通しの良い方が不法投棄も起こりにくいのだそうです。
20130310_河川清掃_238L
 いっぽうで、しばらく前から団地裏では河川敷のいたずら者-ニセアカシア-がはびこりかけて、キャスティングのトラブルやウェーダーの穴あきなどに泣く方もいたようですね。
20130310_河川清掃_241L
 そこで、渡良瀬ネイチャリングアクトから、国交省の渡良瀬川河川事務所に相談したところ、不法投棄の防止にも役立つのでと、河川清掃を兼ねて、草むらの除草や、潅木の刈払いを行わせてもらえるようになったというわけです。

 作業もほぼ終了。拾ったゴミを分別して、束ねたニセアカシアの枝といっしょに市民広場駐車場まで運ぶのには、N-さんの軽トラックが威力を発揮します、助かります。
20130310_河川清掃_256L
 市民広場の方が小倉峠側の監視カメラの目が届かないのか、大きなゴミが目につくようでした。市民広場チームの皆さんもお疲れさまです。
20130310_河川清掃_273L

 深川屋さん差し入れの、大鍋いっぱいの豚汁でからだの中から温まりました。大人数の参加に、橋本さんが大盛りによそうとSさんが「足らなくなるがね!」とチェックを入れるのも前回通りです。
20130310_河川清掃_274L
 初めての方も多かったので、改めて参加者の自己紹介をお願いしました。
 その後は、Sさん提供の熱いコーヒーとお菓子で、いつまでも(ライズの始まる時間までは、ということですが)魚と釣りの話が尽きませんでした。
 さあて、次は第1回成魚放流ですね!

(かんりにん)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。