渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手わるさコーナー (9) ドットスティックって便利ですよ
2013年01月25日 (金) | 編集 |
(かんりにん)

 久々の手わるさコーナー、今回の「ドットスティック」は自作品でないので、厳密にはこの範疇に入らないのですが、フライの仕上げにヘッドセメントを付けるのに便利なので自信を持ってご紹介します。

 もともとは、ネールアートで爪にエナメルを使った花柄(つまり写真左下の「ドット」)をポチポチと書くための道具ですが、数年前に大間々の百円ストアで見つけたものがヘッドの仕上げに大変便利でした。
 今年、それを桐生大橋近くの店で再発見したので、親しい方に差し上げようと思っていくつか買い込みました。 0.8mmの字が見えますが、この0.8mm大の丸いボール状の先端がミソなのです。
20130125_ドットスティック2_DSCN3854s
 フライの仕上げにヘッドセメントを付けるとき、普通はボドキンや竹串を使いますが、どちらもヘッドセメントが付きすぎたり、付かなかったり、いらんところにボタ落ちしたりと、意外にイライラさせられるものです。
20130125_ドットスティック1_DSCN3851s
 このドットスティックでは、適量の液体が、いい形に丸いスティックの先端に止まって、余分なところには付いていません。
 これくらいが適量で、アイをふさいだり、まわりのハックルにくっついたりするトラブルも激減したので、おすすめです。

<だそく>

 あなたがレディならさておき、100円ストアのコスメ売り場でいいおっさんがこういうものを探しまわるのを、恥ずかしいことだと全く感じなくなっていたら、あなたはもう立派なフライ中毒です。社会復帰しようなどという希望は振り捨てて、桐生大橋のD店に飛んで行って下さい。10日前のアクト総会の日には15本くらいあったのでまだ間に合うと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。