渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
河川清掃を実施しました
2012年03月12日 (月) | 編集 |
 東日本大震災から一年目の3月11日(日)7:00AMから、渡良瀬ネイチャリングアクトの会員23名が、東日本大震災の犠牲となられた方々に黙祷を捧げた後、市民広場と団地裏の二手に分かれて河川清掃を実施しました。
 
 新たに入会された5名の方も入って、終了後の記念写真です。
DSCN1199_20120311_河川清掃全員-1

 昨夜からの雨もなんとか小止みになりました。
DSCN1098_20120311.jpg DSCN1124_20120311.jpg
 ここ数年、清掃の範囲が市民広場周辺に限られていましたが、今回から以前のように団地裏まで清掃できたのはとてもうれしいことです。
CA3K0003_20120311.jpg CA3K0008_20120311.jpg
DSCN1138_20120311.jpg DSCN1144_20120311.jpg
コハクチョウの群れが上空を通り過ぎます。珍しいですね。
DSCN1166_20120311_コハクチョウ市民広場S
 1時間も拾うと、燃えるゴミ、不燃ごみと分けたポリ袋が大体一杯になります。これを市民広場駐車場まで運ぶのが大仕事です。
DSCN1186_20120311.jpg
 業務系のゴミが多い年もありますが、今年は釣竿、野球のバット、ヘルメット、植木鉢にプランターといった、フツー(?)の市民が捨てたらしいものが目に付きました。
DSCN1201_20120311_河川清掃ゴミS

 深川屋さん心づくしの、鍋いっぱいの豚汁×さつま汁は、お店の裏メニュー候補になって3年目。食べたい方は次回お手伝いに来て下さい、おいしいですよ!
DSCN1208_20120311.jpg DSCN1214_20120311.jpg
今回は大人数なので、橋本さんが大盛りによそうとSさんから「全員に渡らなくなるがね!」とチェックが入ります。
DSCN1216_20120311.jpg
 熱いコーヒーとさつま汁でからだが温まると、後は魚と釣りの話題で持ちきりでした。
DSCN1219_20120311.jpg

 もちろん、福島第一原発の事故は釣り人にも容赦なく厳しい現実を突きつけていて、フライの雑誌社の2月26日付「あさ川日記」がいうように、『福島第一原子力発電所の事故で放射能汚染された山や川、そしてそこに棲んでいる魚たちは、ぼくたちが生きている間はもとには戻らない』ことを誰もが見せつけられました。その中で今、自分たちができること--「今日オリーブの苗を植え」るとはどんなことなのでしょう。
 私たちが直面する災厄の巨大さ、近づくことさえできない福島浜通りの各河川や、解禁の見通しが立たない栃木県の各河川や湖沼、そして瓦礫の山から比べれば、この日集まったアクトの会員が拾ったゴミは、わずかなものです。そうとわかっていても、アクトの会員たちは、来年も再来年も、続けられる限りゴミを拾い続けるだろうと思います。
 答えが出なくても、希望を捨てるわけにはいきませんもんね。

(かんりにん)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。