渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フライフィッシング教室、実釣の会を開催しました
2011年11月24日 (木) | 編集 |
 11月23日(水・祝)、渡良瀬ネイチャリングアクトでは、「実釣の会」を「アングラーズエリア HOOK」を会場に開催し、フライフィッシング教室の参加者と会員、合わせて17名が、穏やかなお天気のもと、のんびりと釣りを楽しみました。

 はじめに、3日間の「教室」開催にご協力頂いた会員の皆様とアングラーズエリア HOOK様にお礼を申し上げます。
 9月の「タイイング教室」、10月の「キャスティング教室」に続く、11月の「実釣の会」は、フライを巻いて、投げて、魚を釣るというフライフィッシングの欠かせないプロセスを入門者に体験してもらうという、渡良瀬ネイチャリングアクト長年の課題をようやく実現させる催しでした。
 各ステップ1日コースという、参加者にも会にも厳しいスケジュールの中でしたが、幸いそれぞれ満足のいく釣りができるところまで到達できたのではないかと思います。
 これからも、このような試みを続けていく中で、フライフィッシングを楽しむ方が一人でも増えてくれれば、私たち渡良瀬ネイチャリングアクトにとってこれ以上の喜びはありません。
 引き続き、会の行事への参加とご協力をよろしくお願い致します。

------------------------------
渡良瀬ネイチャリングアクト
事務局 群馬県桐生市新宿1-11-5(深川屋) (電話:0277-45-2589)
代表 橋本 進
------------------------------

■当日の写真をご覧下さい。

 目の前に魚がいるのに、開始前の記念写真(11:00AM)。ご協力有難うございました。参加者は最終的に17人に。
1111_PB230016_HOOK集合
「教室」参加者の方は、上の池の「鉄板ポイント」に入れてもらって実釣開始。橋本さんやHOOKの菊池オーナーのキャスティングと実釣レッスンもあって中身の濃い内容になったと思います。最初はフライがターンしなくて悩んだ方も、いい形にキャストできると次々にニジマスを掛けていました。
1111_PB230019_上の池1
 下の池は、相変わらずの激シビアー状況です。渡良瀬川桐生地区の猛者たちがお利口な魚たちを攻略しあぐねている、今年5月頃の上電鉄橋下の光景とどこか似ていますね。
1111_PB230026_下の池1
(T2さんのコメント)
 日中は、0.2号のティペットでも魚のアタマの上に落ちたら一目散で逃げますから、ティペットを曲げて落とします。ミッジのサイズも#26まで落としてきて、それでやっと食わせました。やー、良い練習になりました!
(Nさんのコメント、4:00PM頃)
 ドライでも出ますよ。
1111_PB230034_下の池2
 そして、いつも魚を掛けているFさん。鬼じゃー。
1111_PB230046_下の池3
 一方、上の池の皆さんは、シマザキコイルもセットして、クロスオーストリッチや菊池さんお奨めのソフトハックルも使い、すっかり余裕の釣りとお見受けしました。じっさい、かなり釣っていました。その調子です!
1111_PB230047_上の池2
(おまけ)お知らせでもご紹介した、出前のハンバーグ弁当500円。ボリュームたっぷり、おいしかったですよ。次回注文する方は前日中に電話で。
1111_PB230001_お弁当

 これから気温は下がりますが、HOOKの強みは水温が安定していること。今の調子がしばらく続くと思いますので、出かけてみては。
 
<アングラーズエリア HOOK>


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。