渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カワウに8連発!
2011年05月12日 (木) | 編集 |
 毛鉤釣りには、ヤマメがいなけりゃなりません。ところが人による釣獲と、カワウによる捕食でどの川も気息奄々。先日も市民広場の堰上でヤマメを丸呑みするカワウを目撃したので・・・
 人の問題はちょっと脇において、カワウに関して県農政部蚕糸園芸課のHPでいくつか数字を見てみると・・・
 大間々町の高津戸(たかつど)ダム周辺に300~600羽(平成12年)が営巣。行動範囲は1日に60km、捕食可能水深5mで魚を捕らえる、採食量1日500g(体重の1/3~1/4)(繁殖期には1~2kg)。年間食害量96,543kg、年間被害額228,535千円(県による県内合計の試算)・・・。これに対する両毛漁協の放流は、渡良瀬川本・支流、梅田湖を合計して4,600kg(平成23年度放流予定) ですから、全魚種の食害と渓流魚の放流、県全域と両毛管内、という比較の問題を抜きにしても、重大な被害があるといえるでしょう。
カワウSさん撮影_101001
(写真は「2010年10月02日/カワウの楽園!」で紹介した、禁漁後の上電鉄橋下/Sさん撮影)
 漁協でも、早朝のカワウ飛来調査、追い払いなどの対策を実施していますが、カワウは警戒心が強いので、大きな音で追い払うのが有効です。その方法は・・・

① 通行量の多い橋の傍に魚を放流する --> 電車の通過音もきらうので、上電鉄橋下の成魚放流もそれが狙いの一つ。(上の写真で見るとあまり効いてないかなー)
② 手叩きする --> しまいに手が痛くなる。
③ ロケット花火 --> 写真下。発射する頃に目標は着水しているか、通過した後。今ではあまり使われない。
④ 花火の音のアカペラ --> 「バン、バン」でもなんでも、けっこう効きます。丸腰のときにおすすめです。
⑤ そして、皆様よくご存知の「8連発ピストル」、現状のベストでしょう。

カワウ用ピストル _P508026

 「8連発ピストル」と雷管が「カネキャップ」、広沢町1丁目ヤオコーのD--で買いましたが、各105円で、初期投資210円です。
 細かいことをいうと、雷管の火薬が黒いものの方が音が大きくて赤いのはいまひとつだそうです。フィルムの空きケースに入れて持参します。

 実際使ってみると、とんでもない上空を飛来するカワウ以外はほぼ100%追い払うことができました。
 また、発射音でライズが止まってしまうようなこともありません。
 170年まえに書かれた「フライフィッシャーの昆虫学」(Alfred Ronalds著/川野信之 訳)によれば、本物の鉄砲をぶっ放してもライズが止まることはなかったそうなので、安心してバンバンしましょう。

 ただし、早朝からの使用は禁物、ご近所の皆さんは釣り人ほど早起きでない方も多いからです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
5月13日

7時半に何時もの場所へ

今日は、30分前に来た監視員と二人で釣りを。

今日は、増水の為、釣り難く5月4日以来はじめての坊主。
午後からの仕事が有り悔しいまま仕事へ。
良い事も1つ、本日もバラしましたが引きの強い魚と出会えました。
竿はしなり、8Xのティペットをぷつりと切って逃げました。
明日には水位も戻り、天気も良さそうなので、
皆様、良い釣りしてください。
帰る時には、釣師4名に増えていました。
2011/05/13(Fri) 15:04 | URL  | kents #-[ 編集]
ご返事遅れました。
kentsさん
例の高津戸の水位、5月13日だけ終日-20cmでした、厳しかったですね。翌日から-50cmに下がっているので、私もいつもの上電下に入りましたが、魚が賢いこと以外は満点の釣りができました。18日も同様で・・・何か別のスイッチが入らないと、かんりにんにはもう打つ手がありませんです。
2011/05/20(Fri) 08:09 | URL  | かんりにん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。