渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
お知らせ(会員宛) : 2016年度の総会が開催されました
2016年02月29日 (月) | 編集 |
 渡良瀬ネイチャリングアクトの2016年度総会が、2月17日(水)7:00PMから、桐生市中央公民館408号室で開催されました。
 あらましは次のようですが、詳しくは会員宛てに郵送される資料でご確認下さい。
 送付資料は2015年度の活動報告と会計報告および休会の提案に関する件並びに議事録です。なお、総会出席者には議事録のみの送付となりますのでご了承下さい。

【2015年度 活動報告】2015年度の活動報告が行われ、承認されました。

【2015年度 決算報告ならびに監査報告】2015年度の決算報告と監査報告及び質疑が行われ、承認されました。

【休会の件】・渡良瀬ネイチャリングアクトの休会が提案、承認されました。これに伴い、今後年会費は徴収しないこととなりました。

【休会に伴う実施事項等】

(1)<管理委員会の編成>
  管理委員会の委員長に高畠宏、副委員長に鈴木丈夫、同じく田所正行、委員として諏訪稔、以上の皆さんが選任され、管理委員会が発足し、休会後の対応に当たることとなりました。

(2)<予算配分、ヤマメ発眼卵配布、ヤマメ成魚放流実施の件>

①予算枠の設定(略)
②ヤマメ成魚放流
 <予算>約40万円として、第1回と第2回に各13万円、第3回に残金(約14万円)を配分する。
 <実施回数>2016年に2回、2017年に1回、合計3回実施する。
 <放流時期>2016年の第1回は3/27(日)を第1希望、3/19(土)を第2希望に、第2回は4/24(日)を第1希望、4/17(日)を第2希望に、両毛漁協の放流スケジュールも考慮して管理委員会で決定し、告知する。2017年は4月中旬を目標に同様にして決定し、告知する。
 <放流場所>各回とも、キャッチ&リリース区域内の、渡良瀬団地裏と相川橋上流女渕の2か所とし、放流量の2分の1をそれぞれの場所に放流する。

以上

 2016年2月17日

++++++++++++++++++++
桐生市堤町3-10-4
渡良瀬ネイチャリングアクト 管理委員会 事務局 
http://watarasenaa.blog15.fc2.com/
++++++++++++++++++++

スポンサーサイト
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg