渡良瀬ネイチャリングアクトは渡良瀬川の釣り人による渡良瀬川のサポーターの会です。このブログは、渡良瀬川をいつもの釣り場にする釣り人たちが会の活動と四季折々の川の様子をお伝えしていきます。
シマトビ、アカマダラ、ヒゲナガが出ています
2010年04月30日 (金) | 編集 |
 ここのところの雨で、桐生地区の水位は上がりっぱなし。いつもの高津戸のテレメータ水位は、29日にはなんと「+0.45m」近辺まで上昇して、アクトの成魚放流日の4日に「-0.44m」だったのとは様子が違います。
 さきほど代表に電話すると、昨日はいつもの鉄橋下のテトラも下手のヒラキの岩も完全に隠れてライズもなし。少しライズがあってやってた人もいたけれど、じきにライズは終わってしまったそうです。
 とはいえ、いつものシマトビケラ、アカマダラカゲロウ、ヒゲナガカワトビケラがもうかなり出ているので、これから川に来るならそのへんのタイイングを忘れないように、といううれしいお話し。渡良瀬川はこれからがベストシーズンのようです。
スポンサーサイト
copyright © 渡良瀬ネイチャリングアクト通信 all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg